参加無料 会員登録期間
PR

世界を良くする投資とは世界を良くする投資とは

投資とは、企業の将来的な成長を期待して株式などを購入することです。投資先を決める際に、単に利益が得られそうかという観点だけでなく、環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の側面からも企業を評価して投資する手法をESG投資といいます。また、最近ではSDGs(エスディジーズ Sustainable Development Goalsの略)という言葉にも注目が集まっています。これは2015年の国連サミットで採択された、「持続可能な開発目標」のことで、貧困、飢餓、衛生、教育など、2030年までに世界が目指すべき目標を17個に分けて掲げています。SDGsは、投資家をはじめとするステークホルダーが企業を評価する際のコミュニケーション・ツールとしても活用されています。自社の強みを活かし、SDGsが掲げる課題解決への取り組みを行う企業が増えてきました。

企業は社会を変える力を持っており、投資にはそういった企業を直接応援できる大きな力があります。私たち一人一人が持続可能な社会の実現に向けて取り組む企業に投資をすれば、世界をより良いものに変えていくことができるでしょう。是非日経未来投資プログラムで企業を見る目を養い、実際に投資をするときに役立ててください。

GOALS
Page Top